MENU
日本エンヂニヤ製品情報緊急遮水システム

緊急遮水システム

水中型緊急遮水システム NCSシリーズ

緊急遮水システム(水中型) アクチュエータ

遮断弁を配水池の中に設置

緊急遮水システムNCSは遮断弁を配水池内部に設置する水中型を採用しています。 配水池の内部に遮断弁を設置するので、大地震等災害発生時の管路の破損による漏水から配水池の水をしっかり確保することが出来ます。大きな地震と管路の破損による過大流量、配水池の低水位を検知することで動作し、管路を遮断します。管路復旧まで配水池の水を確保し、配水池を被災者への緊急時給水拠点とすることが出来ます。 また、一定の水量を確保することで、管路復旧後の給水活動を早期に開始することが出来ます。

 

この様な問題を解決します!

  • 既存の配水池に緊急遮断弁を取り付けたいが、弁室を設置するスペースが無い。
  • 大掛かりな配水管の工事は避けたい。
  • 工事を短期間で済ませたい。

 

特徴

遮断弁を配水池内部に設置する水中型を採用

遮断弁

遮断弁を配水池の中に設置する水中型を採用しているので、配水池からすぐ近くの流出管破損に対して飲料水の流出が極めて少なく、配水池の水をしっかり確保します。

弁室が不要

制御盤

緊急遮断弁を収容する弁室を設置する必要が無いので、弁室の設置スペースを省略できます。従って、スペースの限られた既存の配水池にも簡単に設置できます。

配管工事の軽減化

RC配水池への設置例

遮断弁を配水池の中に設置するので、既設配水管の工事が不要となり、簡単な工事で短期間に設置できます。

ピット不要で省スペース

バルブを配水池内部の流出管に配置することで配水池外部のピットやバイパス管路の設置スペースが不要になるので配水池周囲に設置スペースが確保出来ない場所でも緊急遮断弁を設置出来ます。また、新たな用地買収に向けた手続きから解放されます。

据付工事が簡単なので工期が短期間

バルブと流出管はフランジ接続工事となります。配水池の周囲にピットやバイパス管路の設置工事といった土木工事が無く、簡単で短期間に据付工事が完了しますので断水時間が短縮できます。

また、バルブと流出管の接続工事は潜水夫による作業が可能なので、断水できない配水池でも設置出来ます。

多彩な動作制御

制御盤には地震による震度、配水本管の流量、配水池の水位の信号を取り込めるようになっており、緊急遮断弁を震度と過大流量、配水池低水位を任意に組み合わせて動作出来るようになっています。組合せは制御盤内に設けられたセレクタスイッチで簡単に選択できます。

例えば、道路の掘削工事で誤って配水本管を破損させた場合には、地震の震度を動作制御に組み込んでいると動作しません。予め掘削工事が行われることが分かっていれば地震の震度を制御から外した選択にし、掘削工事が完了すれば再度地震の震度を制御に組み込んだ選択に戻すことが簡単にできます。

製品仕様

1)遮断弁

材質 弁体 SUS304
中間軸 SUS316
口径 φ75、φ100、φ150、φ200、φ250、φ300
(φ350以上はお問い合わせください。)
弁体構造 偏芯構造バタフライ弁
最高使用圧力 0.49MPa

2)動作

トリガ 震度、過大流量、配水池低水位の組合せを任意に選択可
遠隔操作 外部信号による遠隔操作可能(通信回線確保時)
停電時のバックアップ 無停電電源装置により約10分間(700VA)

3)制御盤

形式 屋外自立閉鎖型
材質 SUS304
寸法 700W×500D×1950H

4)バルブコントローラー

電源電圧 DC24V
定格消費電力 85W
定格電流値 3.52A
定格動作時間 24秒
防滴保護構造 IP67相当

このページに関するお問い合わせ

 

所属先
部署

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号

必須

お問い合わせ内容

必須

フリーダイヤル お電話でのお問い合わせ
※当社担当スタッフがご質問・ご相談を承ります。
※9:00~18:00/土日・祝日をのぞく