MENU
日本エンヂニヤ製品情報取水スクリーン WSSウォータースクリーン

取水スクリーン WSSウォータースクリーン

「WSSウォータースクリーン」は 日本エンヂニヤ(株)の登録商標です

「水道水を安定して供給するために大切なことは何か?」に対するひとつの答えが「WSSウォータースクリーン」です。
表流水の取水には、安定度抜群なWSSウォータースクリーンをお勧めします。
独自開発による独特な構造と特殊スクリーンにより、河川水に混入した落ち葉や土砂を常に洗い流しながら取水するので目詰まりしにくく安定した取水量を確保できます。
従来の取水方法と比較して、取水口の頻繁な清掃から解放され、取水施設の維持管理における負担を大幅に軽減します。
また、既存の取水堰堤を改良しての設置が可能なため、建設コストが抑えられ、水源の環境にやさしい取水施設を実現します。
この度、飲料水供給施設向けのWSS-B-25M(取水能力25m³/日)がラインナップに加わりました。

 

この様な問題を解決します!

  • 秋になると落葉や小枝で取水口が目詰まりし、頻繁な清掃が必要。
  • 河床に埋設した多孔管が閉塞し、洗浄作業を行っても取水量が回復しない。
  • 既存取水施設の更新費用がかさむ。

特徴

目詰まりしにくい

目詰まりしにくい

弊社の特許技術である独特な構造と特殊スクリーンを用いた背面取水方式を採用しました。

取水堰堤より越流した河川水で常にスクリーン表面を洗い流しながら取水するので、落ち葉や土砂による目詰まりが非常に少なく、安定した取水量を確保できます。

容易なメンテナンス

容易なメンテナンス

目詰まりしにくい構造に加え、メンテナンスは年に数回デッキブラシなどでスクリーン表面を清掃するだけの簡単な作業で済みます。水源の維持管理に要する負担が大幅に軽減されます。

小さな設置スペース

小型化した本体

ゲートや粗目スクリーンを設置する必要が無く、少ない面積で効率良く取水することで小型化しています。従って設置スペースを小さく抑えられます。

既存堰堤にも簡単設置

既存堰堤にも設置可能

小型化した本体により既存の堰堤への設置が容易で、取出管の方向を自由に選択できることから既存の管路への接続も容易となり、既存設備を有効に利用できます。
注)WSS-B-25Mの取出管は前面(下流側)のみとなります。

建設費が抑えられる

省スペースでコスト削減

U字溝に設置可能 (WSS-B-25M)

既存設備の有効利用と省スペースで建設費が抑えられます。
また、水源環境に与える負荷も小さく環境に優しい取水施設を構築できます。
飲料水供給施設向けのWSS-B-25Mは超小型なので、堰堤に設置しないでU字溝に組込んで設置出来るなど土木工事の簡素化に貢献します。

製品仕様

型式名 取水能力(m3/日)
WSS-B-25M型 ~25(飲料水供給施設向け)
WSS−1型 100
WSS−2型 ~200
WSS−3型 ~300
WSS−4型 ~450
WSS−5型 ~700
WSS−6型 ~1000
WSS−7型 ~1500

注1)河川の状態によって取水能力が変化する場合があります。 注2)特殊仕様の製作も承ります。

製品外観

WSS-B-25MB型

WSS-1型

WSS-6型

設置例

 

このページに関するお問い合わせ

 

所属先
部署

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号

必須

お問い合わせ内容

必須

フリーダイヤル お電話でのお問い合わせ
※当社担当スタッフがご質問・ご相談を承ります。
※9:00~18:00/土日・祝日をのぞく